果実酒

ワインの保存方法に関して

まず、ワインは光に弱く、急激な温度の変化にも弱いとされています。
ワインを保存するには、ワインセラーを利用するのが一番良いとされていますが、日本の一般家庭では、あまり無いものです。
なので、冷蔵庫に保存する、常温で保存するというのが一般的なのではないでしょうか。
そこにひと手間を加えることでワインの美味しさを保つことが出来る方法もあります。

念頭に置かなければならないことは、ワインの適正温度ですが、白ワインは10度前後、赤ワインは15度前後と言われております。
そこで冷蔵庫に入れる際に新聞紙に巻いて、野菜室に保存する、常温で保存する際も新聞紙に巻き、床下、押し入れなどの冷暗所、あるいは、発泡スチロールで保存するのが良いと言われております。

また、ワインボトルを横に寝かせて保存するのは単にコルクを抜きやすくする為であり、近年はスクリューキャップの普及により、わざわざその必要も無くなりました。
実際はコルクボトルの物に関しても、ボトルを立てて保存しても問題は無いそうなのです。
特に常温でコルクキャップボトルを保存する際は、寝かしてしまうとコルクの匂いがワインについてしまうので逆効果なの注意しなければなりません。



このページの先頭へ