果実酒

製造方法によるワインの違い

品種、製造工程によって赤、白、ロゼと分類をされておりますが、まず、白、赤ワインの製造方法の違いは、基本的には単純で、最初の果汁を抽出する際の工程が違うという事です。
白ワインにおいては、ぶどうの皮や種を取り除いて、果実の部分のみを絞りとった果汁だけを使用し、赤ワインはというと、白ワインとは真逆で、皮も種もそのまま残し、絞り出した果汁を使用します。

では、ロゼはというと何通りかの方法があり、代表的な製造方法は、ぶどうを果皮と共に発酵させ、程よく果実に色づけするマセレーション法と呼ばれる方法、マセレーション法とは異なり、ブドウと果皮を圧搾し、果汁のみを発酵させた直接圧搾法と呼ばれる方法、赤ワインと白ワインを単純に混ぜて作る混醸法と呼ばれる方法があります。

こうした赤、白、ロゼワインはスティルワインと呼ばれ、広く世界各国に流通しております。
また、この他にも発泡性のあるスパークリング、スピリッツを添加しアルコール度数を高めたフォーティーファイド、薬草、香辛料、甘味料を加えることで独特の風味をつけたフレーヴァードなどは、各国によりそれぞれ特徴、違いががありますが、すべてスティルワインを元に作られています。


このページの先頭へ